大いなる錯覚殺人事件

大谷羊太郎 著

初夏の東京・府中。ある廃ビルの一室で男が殺された。たまたま廃ビルに入り込んでいた若いアベックと犬を連れて散歩中の中年男性が目撃し、警察に通報した。男は「ヤギサワショウイチロウ カスミガセキ」のダイイングメッセージを残して死んだ。殺された室の窓は密封され、扉はロックされた完全密室であった。事件に巻き込まれた警視庁捜査一課の八木沢庄一郎は必死に犯人を追うが…。密室の謎解きとアリバイ崩しに挑む八木沢刑事の活躍を描く書き下ろし長篇本格ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大いなる錯覚殺人事件
著作者等 大谷 羊太郎
書名ヨミ オオイナル サッカク サツジン ジケン
書名別名 Ooinaru sakkaku satsujin jiken
シリーズ名 日文ノベルス
出版元 日本文芸社
刊行年月 1996.1
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4537070277
全国書誌番号
96039636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想