火輪の王国 : 炎の蜃気楼19  烈濤編

桑原水菜 著

熊本市街の怨霊たちを呑みこんだ『黄金蛇頭』(鬼八の首)は、阿佐羅たちによって、阿蘇へと持ち去られた。それを追う信長、清正、光秀。市内の混乱をよそに、阿蘇では大友と組んだ直江ら新上杉が、阿蘇中岳で陽威ダム建設のための呪法『大火輪法』の準備を着々と進めていた。直江ら新上杉を阻止するために、高耶は彼らと戦うことを決意する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火輪の王国 : 炎の蜃気楼19
著作者等 桑原 水菜
書名ヨミ カリン ノ オウコク
書名別名 Karin no okoku
シリーズ名 コバルト文庫
巻冊次 烈濤編
出版元 集英社
刊行年月 1996.2
ページ数 266p
大きさ 15cm
ISBN 4086141582
NCID BA68426529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039643
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想