これからの芸術文化政策 : その課題と方途を探る

芸術文化振興連絡会議 編

阪神・淡路大震災は芸術・文化になにをもたらしたのか。芸術文化支援、法人制度、自治体文化行政、芸術環境づくりと先駆的事例をとおして芸術文化の振興とこれからの文化政策のある方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 阪神・淡路大震災と芸術文化
  • 地域における芸術環境づくり
  • 芸術文化と自治体
  • 芸術文化支援は必要か
  • 新しい非営利法人制度は芸術文化団体の法人化とどのように関係するか
  • 自治体における文化行政の課題
  • 芸術文化の振興とこれからの文化政策を考える
  • 芸術文化と地域コミュニティ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これからの芸術文化政策 : その課題と方途を探る
著作者等 芸術文化振興連絡会議
名護市
大森 弥
小暮 宣雄
岸本 建男
芸術文化振興連絡会議「PAN」
衛 紀生
伊藤 裕夫
書名ヨミ コレカラ ノ ゲイジュツ ブンカ セイサク
出版元 芸団協出版部
刊行年月 1996.1
ページ数 190p
大きさ 21cm
ISBN 4931276334
NCID BN1390558X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想