売血 : 若き12人の医学生たちはなぜ闘ったのか

佐久友朗 著

売血が全盛だった昭和39年。より良き血液需給体制の確立をめざして立ち上がった12人の医学生がいた。これは象に立ち向かう蟻のような、極めて微力な抵抗をし続けた若者達の青春の記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ライシャワー事件は起こるべくして起こった
  • 第2章 血液銀行、常習売血者そして暴力団の相関図
  • 第3章 「血研」大いに面目を施す
  • 第4章 新たな血液制度を模索
  • 第5章 国の無策でここにも売血被害者が
  • 第6章 献血はいかに推進されたか
  • 第7章 医学生から医療の現場へ
  • 第8章 よりよい献血を目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 売血 : 若き12人の医学生たちはなぜ闘ったのか
著作者等 佐久 友朗
書名ヨミ バイケツ
書名別名 Baiketsu
出版元 近代文芸社
刊行年月 1995.12
ページ数 182p
大きさ 20cm
ISBN 4773352353
NCID BN13750075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想