災いの岬

イヴォンヌ・ウィタル 著 ; 塚田由美子 訳

住み込みの家庭教師としてモーリシャス島へやってきたエマは、雇主の豪奢な屋敷へ足を踏み入れるなり、不安をおぼえた。教え子の父親で雇主のジュリアンは気難しく冷淡で、召使いたちも何かに怯えているようによそよそしいのだ。やがてエマは屋敷内に漂う緊張感の原因を知るが、同時にジュリアンに惹かれ始めている自分にも気づき戸惑う。彼にとって、私はただの息子の家庭教師。愛されるはずもない。そんな折、巨大なサイクロンが島に襲いかかった。嵐の夜、エマとジュリアンは何かに導かれるまま唇を重ねて…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 災いの岬
著作者等 Whittal, Yvonne
塚田 由美子
ウィタル イヴォンヌ
書名ヨミ ワザワイ ノ ミサキ
書名別名 CAPE OF MISFORTUNE
シリーズ名 ハーレクイン文庫 HQB-494
出版元 ハーレクイン
刊行年月 2013.2
ページ数 202p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-596-93494-9
全国書誌番号
22194769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想