漱石文学のモデルたち

秦郁彦 著

『坊っちゃん』の教師たちやマドンナの正体を探り、『吾輩は猫である』の主要登場人物のみならず千駄木界隈の住人を推察、『三四郎』の美彌子とマドンナを比較しつつ漱石のヒロイン像を論じる-歴史研究家がその分析手法を活かして人物や景観から時代背景までを考証する、知的興奮にみちた漱石文学論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 松山の「坊っちゃん」(坊っちゃんの上陸
  • 中国か四国か ほか)
  • 第2章 マドンナの虚と実(マドンナとは何者?
  • 浅田宅での見合い ほか)
  • 第3章 吾輩猫の舞台と役者(猫物語の誕生
  • 千駄木五七番地の住人たち ほか)
  • 第4章 『三四郎』の世界(池の女
  • 明治四十年の起承転結 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石文学のモデルたち
著作者等 秦 郁彦
書名ヨミ ソウセキ ブンガク ノ モデルタチ
書名別名 Soseki bungaku no moderutachi
シリーズ名 中公文庫 は36-11
出版元 中央公論新社
刊行年月 2013.1
ページ数 321p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205736-4
NCID BB11586985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22212523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想