美食のフランス

ジャン=ロベール・ピット 著 ; 千石玲子 訳

美味なる食材への情熱と、飽くなき探究心。食道楽とは耽美主義の一形式であり、絶えず集中的に感覚を研くことによって得られる。はたしてフランス人は味覚の達人なのか。本書は、フランスにおける美食(ガストロノミー)の歴史を地理学的な視点から論じる、食通のための、おいしい学術基本図書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説 フランス人の美食への情熱
  • 第1章 フランスは美食の楽園、食いしん坊の国?
  • 第2章 フランスでは大食は罪となるか?
  • 第3章 食卓政治。ある様式の誕生
  • 第4章 グルメのためのレストラン、あるいは高級料理の大衆化
  • エピローグ 魂を持つ食品-フランスの未来地図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美食のフランス
著作者等 Pitte, Jean-Robert
千石 玲子
Pitte Jean‐Robert
ピット ジャン=ロベール
書名ヨミ ビショク ノ フランス
書名別名 Gastronomie française

歴史と風土

Bishoku no furansu
出版元 白水社
刊行年月 1996.1
ページ数 227p
大きさ 20cm
ISBN 4560028958
NCID BN13956387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想