一九三四年冬-乱歩

久世光彦 著

執筆に行き詰まり、衝動に任せて麻布の長期滞在用ホテルに身を隠した探偵小説界の巨匠・江戸川乱歩。だが、初期の作風に立ち戻った「梔子姫」に着手したとたん、嘘のように筆は走りはじめる。しかし小説に書いた人物が真夜中に姿を現し、無人の隣室からは人の気配が…。耽美的な作風で読書人を虜にした名文家による、虚実入り乱れる妖の迷宮的探偵小説。山本周五郎賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一九三四年冬-乱歩
著作者等 久世 光彦
書名ヨミ センキュウヒャクサンジュウヨネン フユ ランポ
シリーズ名 創元推理文庫 Mく5-1
出版元 東京創元社
刊行年月 2013.1
ページ数 336p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-488-42711-5
全国書誌番号
22192676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想