近代日本の造船と海軍 : 横浜・横須賀の海事史

寺谷武明 著

戦後半世紀に問う日本海軍の意義。横浜の造船、横須賀の海軍工廠を通して近代日本を論証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 海軍と工廠・造船(日本海軍と横須賀海軍工廠
  • 海軍造船官の考察)
  • 第2編 海軍の戦略(日本海軍の戦略思想
  • 井上成美の「新軍備計画論」
  • 海軍の護衛戦略と海運業の崩壊)
  • 第3編 横浜の造船と客船(横浜における造船業の発達
  • 内田造船所の創立
  • 横浜港の豪華客船)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の造船と海軍 : 横浜・横須賀の海事史
著作者等 寺谷 武明
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ ゾウセン ト カイグン
書名別名 Kindai nihon no zosen to kaigun
出版元 成山堂書店
刊行年月 1996.1
ページ数 214, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4425301315
NCID BN13883308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96039068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想