「間主観性」の社会学 : ミード・グルヴィッチ・シュッツの現象学

スティーヴン・ヴァイトクス 著 ; 西原和久 ほか訳

[目次]

  • 第1部 ミードの間主観性理論(社会集団の問題としての間主観性
  • ミードの間主観性理論への批判的検討)
  • 第2部 グルヴィッチの間主観性理論(文脈と実践環境世界の問題としての間主観性
  • グルヴィッチの間主観性理論への批判的検討)
  • 第3部 シュッツの間主観性理論(間主観性の問題への根本的準位
  • 間主観性の統合理論にむけて-人格と社会集団
  • シュッツの間主観性理論への批判的検討)
  • 第4部 間主観性の社会集団(間主観性問題のさらなる分析のための一般プログラム
  • 間主観性問題と社会集団の考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「間主観性」の社会学 : ミード・グルヴィッチ・シュッツの現象学
著作者等 Vaitkus, Steven
西原 和久
工藤 浩
矢田部 圭介
菅原 譲
ヴァイトクス スティーヴン
書名ヨミ カンシュカンセイ ノ シャカイガク
書名別名 How is society possible?
出版元 新泉社
刊行年月 1996.1
ページ数 389p
大きさ 20cm
ISBN 4787795171
NCID BN13876266
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想