日本の宿命

佐伯啓思 著

何かがおかしい。「嫌な感じ」がどうにも消えない。カリスマが現れても新政府ができても高邁な理想を掲げられても、絶望的いらだちが治まらないのは、なぜなのか?橋下現象、政権交代、国境騒乱等混沌の真因はどこにあるのか?維新、大戦、高度成長期等の転機から自由、平等、民主、経済成長、ヒューマニズムの追求こそが幸福であるという、この国が負わされた近代主義を徹底的に懐疑する。稀代の思想家からの鋭い一撃。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「橋下現象」のイヤな感じ
  • 第2章 総理の品格は、国民の品格
  • 第3章 無脊椎の国、ニッポン
  • 第4章 日本は本当に独立国か
  • 第5章 真珠湾攻撃から70年
  • 第6章 開国という強迫観念
  • 第7章 開国と維新の精神
  • 第8章 福沢諭吉と近代日本の矛盾
  • 第9章 1980年代論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の宿命
著作者等 佐伯 啓思
書名ヨミ ニホン ノ シュクメイ
シリーズ名 新潮新書 502
出版元 新潮社
刊行年月 2013.1
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610502-9
NCID BB11325609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22194830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想