広告のなかの名建築  関西篇

橋爪紳也 著

チラシの中のモダニズム。明治末から昭和初期、工業化社会と消費社会が産み出した、マッチラベルから絵葉書、パンフレットまで、魅力的な広告媒体の数々。都市生活と建築の関係をあらたに掘り起こす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 先づ大大阪の繁華を御覧遊ばせ-百貨店とビルディング(包装紙に描かれた沿線
  • 天空にひるがえる旗 ほか)
  • 第2章 大きいやつをやらないかん-娯楽と観光(国技の殿堂
  • 模範的娯楽場とエッフェル式高塔 ほか)
  • 第3章 中堅階級の楽しきホーム-住宅と鉄道(処女地は往来者を待つ
  • 中堅階級の楽しきホーム ほか)
  • 第4章 奇矯に走らず、荘重に偏らず-ランドマーク(昭和の御代に現す威容
  • もっともセンセーショナルな建築 ほか)
  • 第5章 東洋の魅力、西洋の快適さ-ホテルと旅館(日本最大、日本最高のホテル
  • 関西の迎賓館 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広告のなかの名建築
著作者等 橋爪 紳也
書名ヨミ コウコク ノ ナカ ノ メイケンチク
書名別名 Kokoku no naka no meikenchiku
巻冊次 関西篇
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2013.1
ページ数 275p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-306-04586-6
NCID BB11394940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22197162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想