格闘としての裁判 : 労働弁護士のノートから

坂本修, 坂本福子 著

労働裁判を支える「技術」と「心」。息づまる法廷のやりとり、労働組合運動現場の貴重な経験と知恵、人権を守る熱いヒューマニズム。30数年にわたる労働弁護士の実践から凝縮された労働裁判のエッセンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 正義の裁判を願って
  • 第1章 真実と虚偽の"格闘"
  • 第2章 労働裁判のはじまり
  • 第3章 真実と正義の主張をかかげて
  • 第4章 心証をつくる主尋問
  • 第5章 嘘を暴く反対尋問
  • 第6章 物的証拠の活用
  • 第7章 傍聴運動
  • 第8章 裁判の「決着」
  • 第9章 裁判と運動
  • 第10章 主人公たちの団結
  • 補論 女性労働者の差別是正

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格闘としての裁判 : 労働弁護士のノートから
著作者等 坂本 修
坂本 福子
書名ヨミ カクトウ ト シテノ サイバン
書名別名 Kakuto to shiteno saiban
出版元 大月書店
刊行年月 1996.1
ページ数 365p
大きさ 20cm
ISBN 427231033X
NCID BN13803295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想