関係の社会学

田中義久 編

方法論的「関係」主義の視座から試みる現代日本の社会的現実へのアプローチ。加速する高度情報化、消費社会化、管理化の社会変動の下で「豊かさ」は激しく揺すぶられ、現実の姿をあらわにする。現代日本社会の内側に横たわる社会諸関係を分析し、その再構築をめざす社会学の理論的な挑戦。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 行為・関係論としての社会学
  • 第2章 情報資本主義社会における批判理論の課題
  • 第3章 関係の世紀末と文化
  • 第4章 労働・消費・身体
  • 第5章 私生活主義の政治学
  • 第6章 感覚と隠蔽された力
  • 第7章 秩序形成暴力と身体
  • 第8章 生活世界における「環境」問題の意味
  • 第9章 近代学校知の矛盾からの脱却に向けて
  • 第10章 Re‐ligareと価値

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関係の社会学
著作者等 田中 義久
書名ヨミ カンケイ ノ シャカイガク
出版元 弘文堂
刊行年月 1996.2
ページ数 243p
大きさ 22cm
ISBN 4335550693
NCID BN1391651X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想