貯蓄奨励運動の史的展開 : 少額貯蓄非課税制度の源流

岡田和喜 著

明治以来、社会・経済政策を支えた貯蓄奨励政策。庶民の零細貯蓄を通してみた日本金融史の労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 貯蓄奨励政策・運動の展開と貯蓄組合(明治期貯蓄奨励政策の展開と貯蓄組合
  • 第一次世界大戦後の貯蓄奨励政策と貯蓄組合
  • 第二次世界大戦期の貯蓄奨励運動と貯蓄組合)
  • 第2編 貯蓄預金の発展過程(駿東貯蓄銀行の発展と貯蓄預金
  • 駿河銀行の店舗政策と貯蓄組合の展開
  • 駿河貯蓄銀行の発展と定期積金)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貯蓄奨励運動の史的展開 : 少額貯蓄非課税制度の源流
著作者等 岡田 和喜
書名ヨミ チョチク ショウレイ ウンドウ ノ シテキ テンカイ
出版元 同文館
刊行年月 1996.1
ページ数 326p
大きさ 22cm
ISBN 4495431617
NCID BN13877178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想