満洲出版史

岡村敬二 著

日露戦争後から日本は大陸に進出し、満洲国の建国を経て敗戦にいたるまで、政治・経済に限らず数多くの文化活動を展開した。これまで未開拓の分野であった満洲における出版史に光を当て、限られた諸資料を用いて満洲における出版法制や諸団体、各出版社の実態などを解き明きした通史。巻末には法令や規約、雑誌の解題などを資料編として付載する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 満洲出版史研究の現在
  • 第1章 関東都督府から満洲国建国まで-第一期・一九〇六年八月から一九一九年四月、第二期・一九一九年四月から一九三二年三月
  • 第2章 満洲国草創期の出版統制-第三期・一九三二年三月から一九三六年九月
  • 第3章 出版事業の高まりと出版諸団体の成立-第四期・一九三六年九月から一九四一年一月
  • 第4章 弘報処成立と文化統制、終戦-第五期・一九四一年一月から一九四五年八月
  • 終章 蔵書の命運

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満洲出版史
著作者等 岡村 敬二
書名ヨミ マンシュウ シュッパンシ
書名別名 Manshu shuppanshi
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.12
ページ数 333,10p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-03817-1
NCID BB11123739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22185218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想