ガリレオの生涯

ブレヒト 著 ; 谷川道子 訳

地動説をめぐり教会と対立し、自説を撤回したガリレオだったが、幽閉生活で目が見えなくなっていくなか、じつは秘かに『新科学対話』を口述筆記させ、秘匿していたのだった…。ナチス支配下から冷戦までの状況下で書き続けられた"自伝的戯曲"であり、ブレヒト最後の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリレオの生涯
著作者等 Brecht, Bertolt
谷川 道子
ブレヒト ベルトルト
書名ヨミ ガリレオ ノ ショウガイ
書名別名 LEBEN DES GALILEI
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 KAフ7-2
出版元 光文社
刊行年月 2013.1
ページ数 346p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75264-4
NCID BB11291609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22192266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想