みみずく古本市

由良君美 著

「評文を書いた当時は新刊書だったここに収めた本たちも、大半が古本になった。…これらの本たちを並べ立てた風景を頭の中の古本市に「見立て」…読者を案内つかまつろうという趣向のもとに編んでみた」。博覧強記にして鋭敏な感性を持つ著者が古本市に並べるのは、時を経てますます評価を高めた逸品ぞろい。新刊書に飽き足らない読者にも役立つ珠玉の読書案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 装幀の森-イギリスの世紀末を中心に
  • 悪魔模様の玉垂簾-まず、お開き下さい
  • あちら-ロマン派から世紀末コーナー
  • こちら-こちたき理屈の上棚
  • コトバ・ことば・言葉-こだまする回廊
  • 洋間つき和風ロビーで、ご休憩を-まあ一服
  • 知の四股名の平積台です-BGMつき
  • 殺しから推理にいたる長椅子の間-灰皿または薄茶つき
  • ピカピカの新入生さま御用達
  • 歴史のなかの社会の舷窓-お出口はございません
  • お帰りに-マルチ・スクリーンTVで現代風景の暗室を
  • 御引換権「紙魚みみずく図鑑」-ほんのヤレを三枚
  • 古本市下足番 口上

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みみずく古本市
著作者等 由良 君美
書名ヨミ ミミズク フルホンイチ
シリーズ名 ちくま文庫 ゆ4-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2013.1
ページ数 403p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43023-6
NCID BB1132456X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22223230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想