風の王国 : 抱玉の臣

毛利志生子 著

ギャカルの王位を簒奪したアルジュナに、王玄策一行が捕らえられた。ソンツェン・ガムポは救出の兵を出すか否かの選択を翠蘭にゆだね、熟考の末に翠蘭は出兵を決意する。出兵の準備を進めるなか、翠蘭たちが滞在しているネパールの王宮に賊が侵入し、藩主の女性が殺されるという事件が起きた。さらに翠蘭が保護していた少女が姿を消し、その行方を探っていたゲンパまでもが消息を絶って。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風の王国 : 抱玉の臣
著作者等 毛利 志生子
書名ヨミ カゼ ノ オウコク : ホウギョク ノ シン
書名別名 Kaze no okoku
シリーズ名 コバルト文庫 も2-45
出版元 集英社
刊行年月 2013.1
ページ数 300p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-08-601694-0
全国書誌番号
22192263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想