民事過失の帰責構造

潮見佳男 著

[目次]

  • 第1章 人身侵害裁判例に見る「加害者の過失」(過失責任論の現況と問題性
  • 交通事故裁判例における「加害者の過失」 ほか)
  • 第2章 ドイツにおける過失責任原則の変遷(ローマ法における過失責任原則の形成と展開
  • ゲルマン=ドイツ法における帰責原理 ほか)
  • 第3章 民事過失の帰責構造-過失の規範化と行為者の意思(ドイツにおける民事過失論の展開
  • わが国における民事過失の規範化・客観化への道 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民事過失の帰責構造
著作者等 潮見 佳男
書名ヨミ ミンジ カシツ ノ キセキ コウゾウ
出版元 信山社
刊行年月 1995.7
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 4797220015
NCID BN13017125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038869
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想