原子力と人間 : 3・11後を教会はどう生きるか

森野善右衛門 著

原子力「安全神話」は完全に崩壊した。3・11大震災を「第二の敗戦」として受けとめて、戦中・戦後の生き方を振り返り、「考え直す」べき時なのではないか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 心を更えて新たにせよ-聖書に学ぶ
  • 2 3・11大震災後の生き方を考える
  • 3 チェルノブイリ原発事故に思う
  • 4 自然と人間を考える
  • 5 自然科学と自然の神学-一つの対話の試み
  • 6 自然科学とキリスト教-現代教義学の問題として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力と人間 : 3・11後を教会はどう生きるか
著作者等 森野 善右衛門
書名ヨミ ゲンシリョク ト ニンゲン : サン イチイチ ゴ オ キョウカイ ワ ドウ イキルカ
出版元 キリスト新聞社出版事業課
刊行年月 2012.12
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87395-626-8
NCID BB11650166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22193186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想