空海と日本思想

篠原資明 著

西洋において、プラトンの哲学が後世に大きな影響を与え続けているが、日本においてそのような存在はいるのだろうか?空海について思索を重ねてきた著者は、空海思想の基本概念である「風雅・成仏・政治」を日本思想理解のための基本的な視点(基本系)と捉え、さまざまな事例を通して論ずる。斬新で刺激的な日本思想論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 プラトンと空海
  • 1章 風雅連綿-詩人として
  • 2章 即身成仏へ-仏教者の教え
  • 3章 報恩の政治学-密厳国土のために
  • 4章 建物・道具・物語と基本系
  • 5章 日本思想の基本系
  • 終章 空海と現代日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 空海と日本思想
著作者等 篠原 資明
書名ヨミ クウカイ ト ニホン シソウ
書名別名 Kukai to nihon shiso
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1400
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.12
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431400-4
NCID BB11129633
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22193773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想