利根川・荒川流域の生活と文化

利根川文化研究会 編

近世・近代の川とのかかわりを読み解く。歴史学、民俗学、考古学、文学等からアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世の利根川中流地域における洪水
  • 利根川下流域の俳諧
  • 利根川下流域の常夜灯
  • 佐原市津宮毘沙門堂の絵馬
  • 近世河岸景観復元の試み
  • 渡良瀬川流域を中心とする旗本領の形成過程
  • 新河岸川舟運の生活と文化
  • 庄内領中島用水と瓦曽根溜井
  • 鬼怒川の風土
  • 手賀沼に於ける鳥猟慣行の成立
  • 印旛沼の水運

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 利根川・荒川流域の生活と文化
著作者等 利根川文化研究会
書名ヨミ トネガワ アラカワ リュウイキ ノ セイカツ ト ブンカ
書名別名 Tonegawa arakawa ryuiki no seikatsu to bunka
出版元 国書刊行会
刊行年月 1995.11
ページ数 305p
大きさ 22cm
ISBN 4336037876
NCID BN13639158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038738
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想