日本建国史開扉 : 踏み込んだ三世紀の熊野大和 神界から人代への渡り

北岡賢二 著

太陽祭祀が語る建国史。三世紀洛陽で得た知見を応用して構築された太陽神祭祀場は日本建国の謎を正解して語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「本州極南点に構築された太陽神祭祀場の実存」
  • 第2章 『太陽神祭祀場』の構造調査とその検証
  • 第3章 二成の円丘・方壇『太陽神祭祀場』の全容
  • 第4章 円丘・方段
  • 第5章 狗奴国と邪馬台国の争い
  • 第6章 狗奴国王の大和東征路
  • 終章 太陽神祭祀場の構築

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本建国史開扉 : 踏み込んだ三世紀の熊野大和 神界から人代への渡り
著作者等 北岡 賢二
書名ヨミ ニホン ケンコクシ カイヒ
書名別名 Nihon kenkokushi kaihi
出版元 近代文芸社
刊行年月 1996.1
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 4773347252
NCID BN14503060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想