ストイックという思想 : マルクス・アウレーリウス『自省録』を読む

岡野守也 著

第16代ローマ皇帝マルクス・アウレーリウス・アントニヌス(紀元121‐180年)は、ギリシア以来のストア哲学に傾倒し、五賢帝のひとりに数えられるが、じつは書斎の人でなく彼の治世のほとんどは帝国周縁部での異民族との戦いに費やされた。彼が皇帝としての職務を果たしながら、戦闘の合間あいまに哲学的・人生論的所信を書き記した『自省録』は、現代まで多くの読者に読み継がれてきたストア派の古典的名著である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ストイシズムとは何か-序にかえて
  • 第2章 宇宙の中の人生
  • 第3章 変化を恐れない
  • 第4章 公務に生きる
  • 第5章 哲学を生きる
  • 第6章 すべてを受け容れる
  • 第7章 人生における救い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ストイックという思想 : マルクス・アウレーリウス『自省録』を読む
著作者等 岡野 守也
書名ヨミ ストイック ト イウ シソウ : マルクス アウレーリウス ジセイロク オ ヨム
書名別名 Sutoikku to iu shiso
シリーズ名 自省録
出版元 青土社
刊行年月 2013.1
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6682-6
NCID BB11470743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22190211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想