20XX年世界大恐慌の足音 : 世界国債バブルに続く本当の危機

高田創 著

世界経済が収縮するなかで、パイの奪い合いが始まっている。欧米は通貨切り下げに走り、円高が止まらない。期待と現実の乖離で世界中が不満を抱え、政治が不安定化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 各国に目生える「戦時」の意識
  • 第1章 「新重商主義」はなぜ起きたのか
  • 第2章 戦場となる国債市場
  • 第3章 欧州危機の本質
  • 第4章 経済戦争の背景にあるバランスシート調整
  • 第5章 五つの「日本化現象」
  • 第6章 「日本化現象」はいつまで続くか
  • 第7章 世界経済戦争の行方
  • 第8章 日本に戦略はあるのか
  • 終章 日本はまだ「持っている国」だ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 20XX年世界大恐慌の足音 : 世界国債バブルに続く本当の危機
著作者等 高田 創
書名ヨミ ニセンエックスエックスネン セカイ ダイキョウコウ ノ アシオト : セカイ コクサイ バブル ニ ツズク ホントウ ノ キキ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2012.12
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-65448-4
NCID BB11289866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22184773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想