アロマザリングの島の子どもたち : 多良間島子別れフィールドノート

根ケ山光一 著

足らないからこそ人は人に手を差し伸べ、それが子どもの世界を活き活きと豊かにする。南海に浮かぶアロマザリング(母親以外による子育て)の小島から、個人化し、孤立化する都会の子育てへのメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 多良間島というフィールド
  • 第1章 島の子育ての背景
  • 第2章 島の子どもと大人
  • 第3章 アロマザリングの息づく島
  • 第4章 島の子育て・子別れから何が見えるか
  • 第5章 私たちの現在と未来の子育て

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アロマザリングの島の子どもたち : 多良間島子別れフィールドノート
著作者等 根ケ山 光一
根ヶ山 光一
書名ヨミ アロマザリング ノ シマ ノ コドモタチ : タラマジマ コワカレ フィールド ノート
書名別名 Aromazaringu no shima no kodomotachi
出版元 新曜社
刊行年月 2012.12
ページ数 192p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1317-4
NCID BB11484260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22186450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想