親が子にこれだけはやってあげたいシンプル脳育術 : 未来を切り拓く"生きる力"の育て方

黒川伊保子 監修

子どもが自立して、しあわせな未来を切り拓くために必要なのは、問題解決力+発想力+想像力。子どもの可能性を伸ばす、塾や習い事へ行かせる前に最低限やってあげたい子育て術。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 脳育は、子どもの可能性を無限大にする!(教育ってお金をかけるべき?
  • お金をかけなくても、頭の良い子は育つもの ほか)
  • 2章 知っておきたい!脳のしくみとフル活用法(大脳は人体の「総司令部」
  • 小脳は人間の「知性の源」 ほか)
  • 3章 年齢別子どもを伸ばすシンプル脳育術(0歳〜3歳:母語形成期。ケータイ片手に授乳はNG!
  • 4歳〜11歳:小脳の発達・言語の完成、そしてゴールデンエイジへ ほか)
  • 4章 "生きる力"をUPさせるシンプル生活習慣(お金より「時間と手間」が脳育には大切
  • "ほめて育てる"は本当に正しいのか ほか)
  • 5章 子育てに迷ったときのヒント15-素朴な疑問Q&A(つい、子どものできないところばかり見てしまいます。
  • 男の子と女の子、脳の作りが違うなら、叱り方も変えた方がいいのでしょうか? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親が子にこれだけはやってあげたいシンプル脳育術 : 未来を切り拓く"生きる力"の育て方
著作者等 黒川 伊保子
書名ヨミ オヤ ガ コ ニ コレダケ ワ ヤッテ アゲタイ シンプル ノウイクジュツ : ミライ オ キリヒラク イキル チカラ ノ ソダテカタ
出版元 エクスナレッジ
刊行年月 2012.12
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7678-1474-2
NCID BB13105658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22177066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想