なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか : ドラッカーに学ぶお客様を幸せにする会社の作り方

山下淳一郎 著

超有名カフェの名物メニューの誕生のきっかけ。コピー機の需要が一気に高まった理由。世界を構成する一つ一つの国々が、各国にある一つ一つの組織が、そして、組織を形づくる一人ひとりが一人の人間を大切にすることによって「人間を幸せにする社会」がつくられていく。それが、マネジメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マネジメントは人の幸せのためにある
  • 第2章 うちの会社は危ない、それがホントなら!
  • 第3章 マネジメントはそれをやればいいのか!
  • 第4章 何のための事業なのか
  • 第5章 誰のための事業なのか
  • 第6章 事業の対象となる人のメリットは何か
  • 第7章 事業の対象となる人にどんな変化が起こればいいのか
  • 第8章 具体的にどのように進めていくか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか : ドラッカーに学ぶお客様を幸せにする会社の作り方
著作者等 山下 淳一郎
書名ヨミ ナゼ アノ ガム ノ ツツミガミ ワ オオキイ ノカ : ドラッカー ニ マナブ オキャクサマ オ シアワセ ニ スル カイシャ ノ ツクリカタ
シリーズ名 角川フォレスタ
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2012.12
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-653902-1
NCID BB12052760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22183591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想