動物に心はあるだろうか? : 初めての動物行動学

松島俊也 著

大切なものがぬすまれないようにかくし場所を変えるカケス、仲間と血を分け合う吸血コウモリ-。こうした行動を起こす心のスイッチはどんなしくみなのでしょう。ヒトをふくむ動物の行動を研究し、目に見えない「心」について、さまざまな角度から追究する「動物行動学」の最新の研究成果をお伝えします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心のありかを探す旅に出よう(はじめに)
  • 思い出の中の3つのW-どこで、いつ、なにを(カケス)
  • 心はタイムトラベラー-時間を超える装置(カケス)
  • 心にうつる自分の姿-空間を超える装置(ミツバチと鳥たち)
  • 孤島で生まれた知性-道具と文化(ニューカレドニア島のカラス)
  • 生き物らしさを感じるとき-生物的運動(ヒヨコとヒトの赤ちゃん)
  • モネとピカソの絵を見分ける-美術(ハト)
  • えさを分けあたえるとき-利他行動(ヒメヤマセミのヘルパー)
  • 餓死との距離をはかりながら-利他行動(コスタリカの吸血コウモリ)
  • たくさん働くほどおいしい-コンコルド効果(ホシムクドリ)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物に心はあるだろうか? : 初めての動物行動学
著作者等 松島 俊也
書名ヨミ ドウブツ ニ ココロ ワ アル ダロウカ : ハジメテ ノ ドウブツ コウドウガク
書名別名 Dobutsu ni kokoro wa aru daroka
シリーズ名 あさがく選書 3
出版元 朝日学生新聞社
刊行年月 2012.11
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-904826-83-6
NCID BB11274621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22176292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想