「尖閣問題」とは何か

豊下楢彦 著

尖閣諸島問題についてのメディア報道には重大な欠落がある。日中両国の主張を歴史的にどう評価すべきなのか。最も注目すべきは、アメリカが曖昧な姿勢を取り続けていること。アメリカの戦略を解明する点で本書は独自性を持っている。国有化では解決できず、「固有の領土」論が説得力を欠く理由も明らかにする。さらに「北方領土」や竹島問題の解決策も踏まえ、日本外交を転換することで「尖閣問題」を打開する道筋を指し示す渾身の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「領土問題」の歴史的構図
  • 第1章 忘れられた島々
  • 第2章 米国の「あいまい」戦略
  • 第3章 「尖閣購入」問題の陥穽
  • 第4章 領土問題の「戦略的解決」を
  • 第5章 「無益な試み」を越えて
  • 第6章 日本外交の「第三の道」を求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「尖閣問題」とは何か
著作者等 豊下 楢彦
書名ヨミ センカク モンダイ トワ ナニカ
書名別名 Senkaku mondai towa nanika
シリーズ名 学術 273
岩波現代文庫 273
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.11
ページ数 290,5p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600273-2
NCID BB10778379
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22181490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想