大事なものは見えにくい

鷲田清一 著

ひとは他者とのインターディペンデンス(相互依存)でなりたっている。「わたし」の生も死も、在ることの理由も、そのつながりのなかにある。核家族化で社会に包摂される「家族」、コミュニケーションの非在と「わたしたち」の居場所。確かなことは何もわからない、価値の遠近法が崩れた現代社会のなかで、日常の隙間に生じる違和感を育て、答えの見えない「問い」と向き合いつづける。語りきれず、噛みきれない想いを紡ぐ、珠玉の哲学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 問い
  • 2 行ない
  • 3 間合い
  • 4 違い
  • 5 養い
  • 6 囲い
  • 7 佇まい
  • 8 迷い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大事なものは見えにくい
著作者等 鷲田 清一
書名ヨミ ダイジ ナ モノ ワ ミエニクイ
書名別名 Daiji na mono wa mienikui
シリーズ名 角川ソフィア文庫 SP L-109-3
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2012.11
ページ数 269p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-407503-3
NCID BB10999786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22182043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想