十津川警部雪と戦う

西村京太郎 著

轟音が伊豆の晩秋の静寂を切り裂いた。何者かが旧天城トンネルを爆破したのだ。後日、犯人を目撃した東京の女子大生が刺殺され、湯沢のスキー場でゴンドラが爆発。一連の事件を大型犯罪の"予行演習"と推理し、亀井刑事を伴って粉雪舞う越後湯沢に急行した十津川警部を待っていたのは、JRと道路公団に届いた犯行予告だった。四億円を支払わなければ、クリスマス当日に大清水トンネルと関越トンネルを爆破するというのだ。十津川警部は雪を血で染める大惨事を阻止することができるのか。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十津川警部雪と戦う
著作者等 西村 京太郎
書名ヨミ トツガワ ケイブ ユキ ト タタカウ
書名別名 Totsugawa keibu yuki to tatakau
シリーズ名 C novels
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.11
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4125003769
NCID BB2479840X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想