SysML/UMLによるシステムエンジニアリング入門 : モデリング・分析・設計

ティム・ワイルキエンス 著 ; 今関剛 訳・監訳 ; 貝瀬康利 訳

システムの構想から設計に至るまで幅広く使用できる一貫したツールボックスを紹介。モデリング言語はSysMLおよびUMLを用い、それらの言語仕様そのものはもとより、両者の共通点と違いについても学ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イントロダクション(システムエンジニアリング
  • OMGのSysMLとUML言語 ほか)
  • 第2章 実践的なSYSMODのアプローチ(事例
  • 要件の決定 ほか)
  • 第3章 UML-統一モデリング言語(歴史
  • 構造と概念 ほか)
  • 第4章 SysML-システムモデリング言語(歴史
  • 構造と概念 ほか)
  • 第5章 システムエンジニアリングのプロファイル-SYSMOD(アクターのカテゴリ
  • 技術領域に特化する要素 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 SysML/UMLによるシステムエンジニアリング入門 : モデリング・分析・設計
著作者等 Weilkiens, Tim
今関 剛
貝瀬 康利
ワイルキエンス ティム
書名ヨミ シスエムエル ユーエムエル ニ ヨル システム エンジニアリング ニュウモン : モデリング ブンセキ セッケイ
書名別名 Systems Engineering mit SysML/UML
シリーズ名 iMAtecアーカイブ 1
出版元 エスアイビー・アクセス : 星雲社
刊行年月 2012.11
ページ数 355p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-434-17322-6
NCID BB11414607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22174456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想