さまよう国へ : 一蔵と吉之助の闘い

山里石峰 著

明治6年"征韓論争"という偽装喧伝で大久保一蔵が西郷吉之助を葬り、国の根幹を捨て去った。ここを起点に、日本は官吏独裁、脱亜入欧、そして富国強兵でアジア侵攻へと雪崩をうち、あてどない国へと没入していった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 討幕への道
  • 維新への道
  • 変節する御一新
  • さまよう国へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さまよう国へ : 一蔵と吉之助の闘い
著作者等 山里 石峰
書名ヨミ サマヨウ クニ エ : イチゾウ ト キチノスケ ノ タタカイ
出版元 湘南社 : 星雲社
刊行年月 2012.11
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-434-17135-2
NCID BB1145353X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想