大菩薩峠  5

中里介山 著

神尾主膳の奸計が効を奏し、甲府勤番支配の駒井能登守は失脚。主膳また乱行の末に、甲府退去を余儀なくされる。折しも甲州八幡村に隠れ住んでいた机龍之助を、笛吹川の洪水が襲った。からくも助けられた龍之助は、お銀様ともども甲州から姿を消した。ついで二人は、江戸へ戻った主膳の住まう人よんで化物屋敷に現われる。物語の舞台は再び江戸へ…「慢心和尚の巻」「道庵と鰡八の巻」「黒業白業の巻」「安房の国の巻(一〜八)」を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大菩薩峠
著作者等 中里 介山
書名ヨミ ダイボサツトウゲ
書名別名 Daibosatsutoge
シリーズ名 ちくま文庫
巻冊次 5
出版元 筑摩書房
刊行年月 1996.2
版表示 新装版第四刷
ページ数 482p
大きさ 15cm
ISBN 4480032258
NCID BB0588251X
BN07443162
BN14320752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想