セント・メリーのリボン

稲見一良 著

都会暮らしからレイドバックして、大阪西北端の山林に暮らす竜門卓。彼の生業は行方不明になった猟犬を探すことだった。そんな彼のところへ失踪した盲導犬の行方を突き止める仕事が舞い込んだ。依頼者は名家の令嬢。目の不自由な彼女にとって唯一の心の支えだった犬だ…感動的なラストシーンが用意された表題作はじめ、"男の贈り物"をテーマにした五編を収める短編小説集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セント・メリーのリボン
著作者等 稲見 一良
書名ヨミ セント メリー ノ リボン
書名別名 Sento meri no ribon
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1996.2
ページ数 257p
大きさ 15cm
ISBN 4101218129
NCID BN13792519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想