伊波アヤの半生 : 忍び音の記

森啓朔 著

日本の歴史上もっとも激動の明治の末から大正、昭和の敗戦まで、阿波吉野川(四国三郎)で生まれ育った若鮎(ヒロイン)が、一枚の見合い写真をたよりに朝鮮半島へ渡り、そして中国大陸へと運命の時流に翻弄されつつ、いかなる淀みにたどり着いたのか…。本書は、その軌跡を赤裸々に綴ったものである。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊波アヤの半生 : 忍び音の記
著作者等 森 啓朔
書名ヨミ イナミ アヤ ノ ハンセイ
出版元 鹿砦社
刊行年月 1995.6
ページ数 325p
大きさ 19cm
ISBN 4846300854
NCID BN13156799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96038041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想