活用論の前線

三原健一, 仁田義雄 編 ; 益岡隆志, 野田尚史, 吉永尚, 西山國雄, 田川拓海 著

活用論の活性化にむけて。日本語の活用に多角的な視点からせまる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 語と語形と活用形
  • 日本語動詞の活用・再訪
  • 動詞の活用論から述語の構造論へ-日本語を例とした拡大活用論の提案
  • テ形節の意味と統語
  • 活用形から見る日本語の条件節
  • 活用形の形態論、統語論、音韻論、通時
  • 分散形態論を用いた動詞活用の研究に向けて-連用形の分析における形態統語論的問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 活用論の前線
著作者等 三原 健一
仁田 義雄
吉永 尚
田川 拓海
益岡 隆志
西山 國雄
野田 尚史
書名ヨミ カツヨウロン ノ ゼンセン
出版元 くろしお
刊行年月 2012.11
ページ数 216p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87424-571-2
NCID BB10631370
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22175093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想