エビデンスに基づく認知症補完療法へのアプローチ

長谷川和夫, 武者利光 監修 ; 工藤千秋 編

[目次]

  • 1 総論(頭から電流が流れ出る!脳電位とはなんでしょう?
  • 「DIMENSION」とはなんでしょう? ほか)
  • 2 各論(医療での実践
  • NATと補完療法 ほか)
  • 3 脳波測定と解析(脳波ヘルメットの装着方法
  • 脳波の測定方法 ほか)
  • 4 これからの課題(認知症治療の現状と目標
  • 工学と医学の連携:コア・コンピタンスを求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エビデンスに基づく認知症補完療法へのアプローチ
著作者等 くどう ちあき
武者 利光
長谷川 和夫
工藤 千秋
書名ヨミ エビデンス ニ モトズク ニンチショウ ホカン リョウホウ エ ノ アプローチ : イリョウシャ ト セラピスト ニ ヤクダツ シン ノウハ ギジュツ 「 NAT 」&「 DIMENSION 」
書名別名 医療者とセラピストに役立つ新脳波技術「NAT」&「DIMENSION」
出版元 ぱーそん書房
刊行年月 2012.11
ページ数 167, 2p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-907095-03-1
NCID BB11005197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想