良寛さまとお茶を

谷川敏朗 著

良寛さまと炉端で向かい合って茶飲み話を聴くような…良寛さまにまつわる深い内容をやさしく解き明かす良寛随想。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文才を磨き合った兄弟や姉妹たち
  • 興味深い幼いころの話
  • 出家の原因は何か
  • 光照寺で見たもの感じたもの
  • 円通寺での厳しい修行
  • 四国の土佐を旅するか
  • 父の死と帰郷
  • 帰国のあと郷本に住む
  • 五合庵と原田鵲斎
  • 国学者大村光枝との交流〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 良寛さまとお茶を
著作者等 谷川 敏朗
書名ヨミ リョウカンサマ ト オチャ オ
書名別名 谷川敏朗の良寛茶話

Ryokansama to ocha o
出版元 考古堂書店
刊行年月 1995.8
ページ数 186p
大きさ 21cm
ISBN 487499525X
NCID BN15574472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想