現れる存在

アンディ・クラーク 著 ; 池上高志, 森本元太郎 監訳

心は「脳の中」にあるものではない。脳と身体と世界の相互作用から「創発」するものである。ロボット、赤ちゃん、人工生命など、豊富な事例を交えながら提起する、「心」への斬新なアプローチ。身体性認知科学の古典的名著、待望の翻訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 外なる心(自律的なエージェント-月面を歩く
  • 状況に置かれた幼児
  • 心と世界-移ろう境界
  • 集合の叡智、粘菌流)
  • 2 外に広がった心を説明する(ロボットを進化させる
  • 創発と説明
  • 神経科学的なイメージ
  • 存在する/計算する/表象する)
  • 3 前進(心とマーケット
  • 言語-究極の人工物
  • 心、脳、それとマグロの話-塩水に浸かった要約)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現れる存在
著作者等 Clark, Andy
森本 元太郎
池上 高志
クラーク アンディ
書名ヨミ アラワレル ソンザイ : ノウ ト シンタイ ト セカイ ノ サイトウゴウ
書名別名 BEING THERE

脳と身体と世界の再統合

Arawareru sonzai
出版元 NTT
刊行年月 2012.11
ページ数 442p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-0267-5
NCID BB10700349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172681
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想