嘆きよ、僕をつらぬけ

小沢美智恵 著

1945年8月6日の広島の悲劇を描いた不朽の名作「夏の花」の著者として名高い原民喜。だが彼には、彼自身の悲劇があった…45歳で自ら世を去るまでの、苦悩にみちた、しかし一筋につらぬかれた清冽な生涯を、細緻な作品解読と深い共感を通して甦らせる感動の評伝傑作。蓮如上人滅後五百年記念・ノンフィクション文学賞第二回蓮如賞優秀作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 原民喜の生涯-その五つの画期
  • 2 死への道行き-作品群『美しき死の岸に』
  • 3 「夏の花」の意味するもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 嘆きよ、僕をつらぬけ
著作者等 小沢 美智恵
書名ヨミ ナゲキ ヨ ボク オ ツラヌケ
出版元 河出書房新社
刊行年月 1996.1
ページ数 154p
大きさ 20cm
ISBN 4309010385
NCID BN14590484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想