うたの響き・ものがたりの欲望 : アメリカから読む日本文学

関根英二 編

本書は92・93年にアメリカで開催された2つの文学会議「日本文学の詩学」「ものがたりの欲望」をもとに詩歌論・物語論の力作を結集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 うたの響き(ジャパニーズ・ユニークネスという神話-ナショナリズムと比較文学
  • 佐竹義躬の恋歌への視座
  • 能における「シテ」の存在論-「主役」の内と外にまたがる役割主体 ほか)
  • 2 ものがたりの欲望(少女という分身-近代女性表現における原型としての「少女」
  • 『枕草子』の眼差しの詩学-「目合ひ」の戯れと喜び
  • 生きられなかった「生」の署名-『更級日記』の物語への欲望 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うたの響き・ものがたりの欲望 : アメリカから読む日本文学
著作者等 関根 英二
書名ヨミ ウタ ノ ヒビキ モノガタリ ノ ヨクボウ
書名別名 ものがたりの欲望

Uta no hibiki monogatari no yokubo
出版元 森話社
刊行年月 1996.1
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 4795290636
全国書誌番号
96037965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想