密教

正木晃 著

謎めいたイメージが先行し、正しく捉えることが難しい密教。本書は、まずその定義にはじまり、インド・チベット・中国各々における密教の歴史・思想を概説しつつ、日本の密教をインド以来の仏教史全体の中に位置づける。そして、伝統的な密教数学をできるかぎり分かりやすく解説した上で、マンダラの理論と実践、チベット密教の性的ヨーガをふくむ代表的な儀礼・修行についても詳細に解説する。巻末には、国内密教寺院案内・ブックガイドを付すなど、密教を理解するための基本要素をすべて盛りこんだ必携の一冊。文庫化にあたり新章「修験道の世界」を書き下ろし増補する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 密教とは何か
  • 第2章 キーワードで考える日本密教
  • 第3章 マンダラの理論と実践
  • 第4章 修行と秘儀から考える日本密教
  • 第5章 日本密教を知るための手引き
  • 補遺 修験道の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 密教
著作者等 正木 晃
書名ヨミ ミッキョウ
書名別名 Mikkyo
シリーズ名 ちくま学芸文庫 マ30-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.11
ページ数 302p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09491-9
NCID BB10717137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22185034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想