江戸奇談怪談集

須永朝彦 編訳

茶碗の水に映る麗しき若衆の顔、うつろ船に乗って流れ着いた異国の女、天狗に攫われ空を飛んだ少年、厠のなかで火の玉を手玉に遊ぶ少女、夜ごとひそかに訪ね来る謎の美女の正体は…。江戸の書物には、不思議な出来事、妖しい物語、身の毛もよだつ怖い話が数多く遺されている。有名な根岸鎮衛『耳嚢』や、曲亭馬琴らの編んだ『兎園小説』をはじめ、『西鶴諸国はなし』『新著聞集』『伽婢子』『雲根志』『諸国百物語』『宿直草』などから、奇にして怪なる物語百八十余篇を選りすぐり、一冊に集成する。絢爛華麗な現代語訳により、いにしえの妖しく美しく怖ろしい世界がよみがえる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸奇談怪談集
著作者等 須永 朝彦
書名ヨミ エド キダン カイダンシュウ
書名別名 Edo kidan kaidanshu
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ス14-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.11
ページ数 590p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09488-9
NCID BB10715619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22185617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
うつろ舟の女 琴嶺舎
ほか
めいしん 只野真葛
コトコト石 木内石亭
一目坊 三坂春編
不食病 橘南谿
人形の恋 井原西鶴
人肌石 木内石亭
仙女伝
仮男子宇吉 滝沢馬琴
伽羅若衆 井原西鶴
偽男子 滝沢馬琴
八百比丘尼 百井塘雨
冥途の舎利 神谷養勇軒
呼出しの山 根岸鎮衛
地縮 鳥翠台北巠
城主の亡霊 西村白烏
変生男子亦女子の事 根岸鎮衛
夜光石 木内石亭
夢に臨終の日を知る 神谷養勇軒
夢の朝顔 文宝堂
夢路の風車 井原 西鶴
大悪党の往生 神谷養勇軒
大骨 橘南谿
天女降臨 大田南畝
天狗六兵衛
天神石 木内石亭
妖怪三本五郎左衛門 根岸鎮衛
妖猫友を誘う 神谷養勇軒
妬魂の念仏往生 神谷養勇軒
婦女男変化 石塚豊芥子
子持石 木内石亭
小はだの小平治 根岸鎮衛
少女石 木内石亭
山城国の怪獣 橘南谿
影の病 只野真葛
徐福 橘南谿
徳七天狗談 佐藤中陵
怪しき少女 文宝堂
怪しの若衆 神谷養勇軒
怪僧奇聞 根岸鎮衛
恥を知る猫 神谷養勇軒
懐中へ入った石
成瀬隼人正の念力 神谷養勇軒
播州姫路城 三坂春編
杜若屋敷 三坂春編
果心居士 中山三柳
果進居士 愚軒
柳の精 野田市右衛門成方
森囃 菊岡沾凉
槌子坂の怪 鳥翠台北巠
水に立ちての往生 神谷養勇軒
河童銭 大田南畝
沼沢の怪 三坂春編
泣石 木内石亭
深淵の黄牛 西村白烏
源五郎狐 菊岡沾凉
牛の玉 根岸鎮衛
牛石 木内石亭
牛鬼 和田正路
犬の転生 菊岡沾凉
犬神 中山三柳
狐つかい 只野真葛
狼婆 神谷養勇軒
猪苗代の化物 三坂春編
猫の忠死 根岸鎮衛
猫の話 佐藤中陵
猫多羅天女 鳥翠台北巠
生魂の寺詣 神谷養勇軒
男女体を変ぜし話
白玉 木内石亭
石中蟄龍の事 根岸鎮衛
石妖 佐藤中陵
石実 木内石亭
石牡丹 木内石亭
石闘 木内石亭
石麪 鳥翠台北巠
祟石 木内石亭
立石 木内石亭
紅毛幻術 津村淙庵
致富石 木内石亭
芭蕉の精 佐藤中陵
藤の奇特 井原 西鶴
虹石 木内石亭
豆腐の怪 橘南谿
蹲踞の辻 百井塘雨
金虵石 木内石亭
降毛 橘春暉
霊夢三たび 神谷養勇軒
露涌石 木内石亭
青山の男女お琴 大田南畝
青山の男女お琴が後聞 大田南畝
飛動石 木内石亭
骨、舎利と化す 神谷養勇軒
髪より滴る炎 中山三柳
髪切 菊岡沾凉
黒眚 大朏東華
黒青 天野信景
龍馬石 木内石亭
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想