無罪 : 裁判員裁判、372日間の闘争…その日

吉野量哉 著 ; 影野臣直 構成

日本最大の暴走族「関東CRS連合・松戸スペクター」の第十六代目元総長・吉野量哉は、暴走族時代の伝説が書籍化、映像化された経歴を持つ。引退後、出版コンサルタントや芸能プロダクションを経営し、事業家への道を歩んでいた。仕事も順風満帆だったが、ある日突然の暴漢に襲われ、身を守ろうとして放った1発のパンチが、不運にも相手を死に至らせてしまう。逮捕された吉野は正当防衛であると無罪を主張、傷害致死罪で公判請求した検察側と真っ向から対立。以後、372日間もの長きに渡って、係争の日々を送ることとなる。「勝率0.1%」以下といわれる裁判員裁判に挑んだ、吉野の戦いの結末はいかに。著者自らが獄中で綴った、渾身のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 事件
  • 第2章 逮捕〜綾瀬警察署
  • 第3章 弁護士選任
  • 第4章 バイオグラフィー 暴走族時代
  • 第5章 再出発
  • 第6章 東京拘置所
  • 第7章 公判前整理手続き
  • 第8章 裁判員裁判
  • 最終章 無罪への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無罪 : 裁判員裁判、372日間の闘争…その日
著作者等 吉野 量哉
影野 臣直
書名ヨミ ムザイ : サイバンイン サイバン サンビャクナナジュウニニチカン ノ トウソウ ソノヒ
出版元 竹書房
刊行年月 2012.11
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8124-9076-1
NCID BB11659433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22169339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想