カルロ・クリヴェッリ画集

カルロ・クリヴェッリ [画]

渋沢龍彦がその冷艶な美しさに耽溺した『マグダラのマリア』で知られ、人妻を誘拐した罪でヴェネツィアを追放されたスキャンダラスなルネサンスの画家。花々や果実、精緻な刺繍や宝石が描かれた黄金色の祭壇画に封じ込められたのは、輝ける永遠の失楽園。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルロ・クリヴェッリ画集
著作者等 Crivelli, Carlo
Crivelli, Carlo, 15th cent.
書名ヨミ カルロ クリヴェッリ ガシュウ
書名別名 Karuro kuriverri gashu
シリーズ名 ピナコテーカ・トレヴィル・シリーズ 3
出版元 トレヴィル
刊行年月 1995.10
ページ数 95p
大きさ 27cm
ISBN 4845710269
NCID BN13654694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96037721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想