アダムとイヴ : 語り継がれる「中心の神話」

岡田温司 著

『旧約聖書』に登場する、最初の人間アダムとイヴ。二人の名前は「禁断の木の実」「楽園追放」などのキーワードとともに語られ、日本人にとっても馴染み深い。しかし彼らの物語から生まれた、文化、思想、文学・美術作品の多様さは、私たちの想像を遙かに超えるものがある。本書では、美術史的な解説・解釈にとどまらず、アダムとイヴが歴史上いかに語られ、いかに現代社会に影響を及ぼしてきたかを探っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間の創造
  • 第2章 エデンの園
  • 第3章 原罪と追放
  • 第4章 エデンの東

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アダムとイヴ : 語り継がれる「中心の神話」
著作者等 岡田 温司
書名ヨミ アダム ト イヴ : カタリツガレル チュウシン ノ シンワ
シリーズ名 創世記 2188
中公新書 2188
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.10
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102188-5
NCID BB10516951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22185695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想