裏方力が人を動かす

堀切研一 著

自分を主張しないでチーム全体や他人のために動く裏方は、一見地味だが、決して受け身の弱い生き方ではない。他人の話をよく聴き、受け止める一方で、面倒で複雑な作業をやりきる行動力、企画力、コミュニケーション力も求められる。だからこそ、他人のサポートに回る裏方は貴重な存在なのであり、裏方をする人自身の成長や学びにつながるのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 裏方力とは(ジャイアンタイプとのび太タイプ
  • 話し上手よりも聴き上手 ほか)
  • 第2章 裏方力を伸ばす方法(裏方こそあえて複雑で面倒な仕事を引き受ける
  • 絵を描こう ほか)
  • 第3章 裏方力が人を動かす(裏方に求められる先見の明
  • 人と継続的につながる ほか)
  • 第4章 実践で裏方力を鍛える(裏方力を鍛える場
  • アナログコミュニケーション ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裏方力が人を動かす
著作者等 堀切 研一
書名ヨミ ウラカタリョク ガ ヒト オ ウゴカス
シリーズ名 働く・仕事を考えるシリーズ 008
出版元 労働調査会
刊行年月 2012.9
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-86319-281-2
NCID BB11225014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22238624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想